「like hot cakes」 ホットケーキの様にって何?

 ホットケーキが誕生した当時、

 それまでは作り置きしていたものしかなかったため、

 焼きたてのホットケーキを出すと飛ぶように売れたことから、

 like hot cakes で「勢いよく」という意味で使われるようになりました。

 
The book is selling like hot cakes.
  その本はメチャクチャ売れてます。

補足

主に商品が売れる際に使われ、

sellの代わりにgoが使われることも多いです。

近年、日本ではパンケーキと呼ぶことが多くなりましたが、

pancakeには「ペチャンコ」という意味で使われることがあります。

現在ではホットケーキが飛ぶように売れることはないから、

イメージしにくいものとなっていますが、

日常ではよく使われるので、是非とも覚えてきたいイディオムです。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

pie in the skyってどんな意味?

直訳すると「空にあるパイ」

パイが空にある事などありえなく、

あっても手に取って食べることもできない事から、

pie in the sky で「絵にかいた餅」という意味で使われます。

We must stop wasting money on pie-in-the-sky abstraction.
我々は、現実的でない曖昧な妄想にお金を使うのをやめなければならない。

補足

pieを使った表現は多く、

他にも

(be) pie at  ~が上手

pie hole  人の口(主に悪い意味で)

porky pie  うそ



無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

ホットポテトって何?

 欧米では食卓によく並ぶ熱を通したじゃがいも。

 しかし、熱々のものだと食べようとしても、熱すぎて手にもてないことから、

 扱いにくいもの、面倒なものという意味になり、

 人に対して使うと、「厄介な人」等としても使われます。

 This issue is a hot potato.
 これは扱いにくい問題です。

補足

 日常的にポテトを使った英語表現はよく使われ、他にも、

 small potato で「取るに足りない」

 Couch potato で「ソファーに寝転がってテレビを観る」

 Hold one’s potato で「辛抱する」

 sack of potato で「格好が悪い」

 

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

Beat around the bush の意味の何故?

 直訳すると「茂みの周りを叩く」となる Beat around the bush

 これは、元々狩猟用語で、獲物が隠れている茂みの周りを叩いて、

 外に獲物を追い出し、猟師が仕留めることから生まれた言葉で、

 何もない部分を叩くことから、

 重要な部分に触れない、つまり、「遠まわしに話す」「回りくどく話す」

 もしくは、「相手が傷つかないように話す」「探りを入れる」

 等の意味で使われます。

 Don’t beat around the bush. Be honest with me.
 回りくどい言い方はやめて正直に言ってください。

補足

アメリカ英語ではaroundですが、

イギリス英語ではaboutが使われるそうです。

ちなみに、ゴールデンレトリーバーは撃ち落とした鳥を回収するから命名されました。

retrieve(回収する) 

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

Sweep under the rug 絨毯の下に掃くって何?

 sweepは「掃く」

 rugは「敷物、じゅうたん」

 つまり、sweep under the rugで「絨毯の下に掃く」となります。

 これは、何か都合の悪いことをサッと隠してごまかそうとする際に使います。

 例・He could not sweep the scandal under the rug.
 (彼はスキャンダルの隠ぺいに失敗した。)

もちろん何の解決にもなっていないので、悪い意味でつかわれます。

Sweeping it under the rug will not bring healing.
それを隠蔽しても癒しにはなりません。

アメリカ英語ではrug、イギリス英語ではcarpetが使われることが多いです。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

No ifs, ands or buts って何?

このNOは全体否定で、

ifs, ands, butsは、if,and,butの複数形です。(それぞれ一つだけではないので)

言い訳をするときに、if,and,butが多用されることから、

no ifs, ands or butsで、「言い訳は認めません。」という意味になります。

否定文の時は、ifsとbutsのみでandsを省略することもありますが、

そのさいもno ifs, and buts.と、表記上はあまり変わらないのです。

There’s no ifs, ands or buts. 異論は認めません。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

moot pointの意味 辞書と反対?

あまりなじみのない言葉ですが、

初めて聞いた際、辞書で調べると「議論の余地のある問題」とありました。

なるほど、結構重要なことなんだなと思ったのですが、

実際の会話で使われるときは、全く逆の「無意味」というニュアンスでつかわれているところしか遭遇しなかったので、英英辞書で調べたのですが、そこにも「A debatable question」とそのまま書かれていて、さらに混乱。

そこで詳しく調べると、「an irrelevant question, a matter of no importance.」という説明が。

おそらく政治家の方が言う「善処します」と同じ意味でつかわれているのかなと、

つまり、議論の余地があり、時間もかかるので今はそのことについて話しません、そして実際にそのことについて議論するつもりもない。

そこから、「話し合っても無駄な議論」「無意味な質問」等の意味になっている様です。

決して辞書が間違っているのではなく、日本語に訳したらそうなるので致し方ないですね。

Some GOP senators calling the trial a “moot point”
一部の共和党議員は裁判を“無意味”と主張。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

out of the blue 「青から出てくる」ってどういう意味?

 直訳すると「青から出てくる」

 「out of the blue」。

 このblueとは青空のことで、

 安定していて、何も変わったことが起こらないイメージ。

 その状態から、雷が落ちるように、突然何かが起こる、

 つまり、「いきなり」「急に」等の意味になりました。

 日本でも「晴天の霹靂」といいますね。

 例・I can’t ask him out of the blue.

  「いきなり彼に聞くのは無理」

  

 ちなみに、このblueは青空「blue sky」のことを指しますが、

 他にも、青い制服をイメージするところから、「警察官」という意味でblueが使われることもあります。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

into thin air 薄い空気の中へ

直訳すると「薄い空気の中へ」となるInto thin air。

これは、まるで目に見えない空気の中へ消えてしまったようになくなることから、

「跡形もなく」「何も残らず」という意味になります。

disappearやvanishとよく使われます。

They did not just disappear into thin air.
彼らはこの世界から消えていなくなってしまったんじゃない。

反対に「out of thin air」で「どこからともなく」となります。

She seemed to appear out of thin air.
彼女はどこからともなく現われた

ようだった.

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

once in a blue moon 青い月に一度ってどんな意味?

 blue moonとは、月が青く見える事をいいますが、

 一つの季節に4回満月が現れる事を指す言葉でもあります。

 それらのことから、ブルームーンは「珍しい」という意味になり、

 once in a blue moonで、「滅多におこらない」となります。

 例・I only come once in a blue moon. 私は滅多に来ないからね。

 ちなみに、季節に4度満月が現れるは、2~3年に一度ありますが、月が青く見えるのは大気中の塵の影響なので、4度現れたからと言って青く見えるとは限らないそうです。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より