Beat around the bush の意味の何故?


 直訳すると「茂みの周りを叩く」となる Beat around the bush

 これは、元々狩猟用語で、獲物が隠れている茂みの周りを叩いて、

 外に獲物を追い出し、猟師が仕留めることから生まれた言葉で、

 何もない部分を叩くことから、

 重要な部分に触れない、つまり、「遠まわしに話す」「回りくどく話す」

 もしくは、「相手が傷つかないように話す」「探りを入れる」

 等の意味で使われます。

 Don’t beat around the bush. Be honest with me.
 回りくどい言い方はやめて正直に言ってください。

補足

アメリカ英語ではaroundですが、

イギリス英語ではaboutが使われるそうです。

ちなみに、ゴールデンレトリーバーは撃ち落とした鳥を回収するから命名されました。

retrieve(回収する) 

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。