nest egg 巣の卵って何?

 直訳すると「巣の卵」

 もちろん巣の卵の意味がありますが、日常会話で使われる場合は、

 He has got a lot of nest eggs.

等として使われ、意味は「彼はヘソクリを貯めている」

 もしもの時に備えた貯蓄や貯金の事を指します。

補足

Nestには巣のほかに、居心地のいい場所、休憩所、そして虫の群れ、悪の一味等の意味もあります。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

lay an egg 卵を産むって何?

 lay は、「横たえる」

 この場合は「(卵を)産む」という意味で使われています。

 これは、クリケットの試合で無得点の0が並んでいる様子を、

 卵の形に似ていることから「lay an egg」と呼ばれるようになり、

 そこから、「何の結果も生まない、失敗に終わる」という意味で使われるようになりました。

 He laid an egg as the leading part. 彼の主役は失敗だった。

補足

 ちなみに、フランスでも0が並ぶことを卵で表現したようで、

 テニスの得点0をラブと呼ぶのも、フランス語で卵を意味する「l’œuf」が語源と言われています。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

bring home the baconの意味と由来

 
 直訳するとベーコンを家に持ち帰る。

 由来には諸説あり、

 お祭りで優勝した人に商品として当時貴重であったベーコンが贈呈された、

 もしくは、イギリスで1年間喧嘩もなく円満だった夫婦にベーコンが贈られた、

 等がありますが、そこから、「生活の糧を家に持ち帰る・目標を達成する」

 という意味で使われるようになりました。

  ”Bring home the bacon” 勝ってきなさい!

 上記は、アメリカ初の黒人ボクサーとなったオリバー・ネルソンが試合に臨む際に母親に言われた言葉です。

 これが大々的に報道されて一般化されたようです。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

「like hot cakes」 ホットケーキの様にって何?

 ホットケーキが誕生した当時、

 それまでは作り置きしていたものしかなかったため、

 焼きたてのホットケーキを出すと飛ぶように売れたことから、

 like hot cakes で「勢いよく」という意味で使われるようになりました。

 
The book is selling like hot cakes.
  その本はメチャクチャ売れてます。

補足

主に商品が売れる際に使われ、

sellの代わりにgoが使われることも多いです。

近年、日本ではパンケーキと呼ぶことが多くなりましたが、

pancakeには「ペチャンコ」という意味で使われることがあります。

現在ではホットケーキが飛ぶように売れることはないから、

イメージしにくいものとなっていますが、

日常ではよく使われるので、是非とも覚えてきたいイディオムです。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

pie in the skyってどんな意味?

直訳すると「空にあるパイ」

パイが空にある事などありえなく、

あっても手に取って食べることもできない事から、

pie in the sky で「絵にかいた餅」という意味で使われます。

We must stop wasting money on pie-in-the-sky abstraction.
我々は、現実的でない曖昧な妄想にお金を使うのをやめなければならない。

補足

pieを使った表現は多く、

他にも

(be) pie at  ~が上手

pie hole  人の口(主に悪い意味で)

porky pie  うそ



無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

ホットポテトって何?

 欧米では食卓によく並ぶ熱を通したじゃがいも。

 しかし、熱々のものだと食べようとしても、熱すぎて手にもてないことから、

 扱いにくいもの、面倒なものという意味になり、

 人に対して使うと、「厄介な人」等としても使われます。

 This issue is a hot potato.
 これは扱いにくい問題です。

補足

 日常的にポテトを使った英語表現はよく使われ、他にも、

 small potato で「取るに足りない」

 Couch potato で「ソファーに寝転がってテレビを観る」

 Hold one’s potato で「辛抱する」

 sack of potato で「格好が悪い」

 

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

Beat around the bush の意味の何故?

 直訳すると「茂みの周りを叩く」となる Beat around the bush

 これは、元々狩猟用語で、獲物が隠れている茂みの周りを叩いて、

 外に獲物を追い出し、猟師が仕留めることから生まれた言葉で、

 何もない部分を叩くことから、

 重要な部分に触れない、つまり、「遠まわしに話す」「回りくどく話す」

 もしくは、「相手が傷つかないように話す」「探りを入れる」

 等の意味で使われます。

 Don’t beat around the bush. Be honest with me.
 回りくどい言い方はやめて正直に言ってください。

補足

アメリカ英語ではaroundですが、

イギリス英語ではaboutが使われるそうです。

ちなみに、ゴールデンレトリーバーは撃ち落とした鳥を回収するから命名されました。

retrieve(回収する) 

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

under the tableってどういう意味?

 直訳すると「テーブルの下」となる「under the table」

 もちろんその意味でも使われますが、

 誰にも見つからないように、テーブルの下で何かを行うことから、

 「賄賂」「不正な方法で」等のスラングとして使われることが多い言葉です。

 He received the money under the table. 彼は賄賂を受け取った。

 他に、お酒を飲みすぎてそのままテーブルの下で眠ることから、
 
 「酔いつぶれる」という意味でも使われます。

補足 tableを使った慣用句一覧

on the table はっきり見える所に

turn the tables 局面を一変する

lay on the table 棚上げする, 延期する.

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

face the music の意味と由来

 直訳すると「音楽に直面する」となる「face the music」

 諸説ありますが、これは元々、舞台の上で俳優がセリフを間違えたり、下手な演技をすると、

 観客席からのブーイングや、演奏しているオーケストラから楽器を使った非難を受けたことから、

 「報いを受ける」という意味で使われています。

 悪い結果に対して使われますが、

 「自分の失敗を潔く受け入れる」という前向きな意味を含むことも多いです。

 It’s time to face the music. 結果を受け入れなさい。

 Now we have to face the music. 困難に立ち向かう時です。

 他にも、規律違反をした兵士が、太鼓の音が鳴り響く中、

 罪状を読み上げられたという説もあります。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より

face down で何故「対決する」という意味になる?

face down

辞書で調べると、「顔を下に」「うつぶせになる」と書かれていますが、

音楽のタイトルになることもあり、

日本のアイドルグループの嵐や、The Red Jumpsuit Apparatusといったアーティストの曲も有名です。

ただ、その場合、主に「対決」という意味でつかわれることが多いです。

なぜ、顔を下にすることが対決になるのかというと、

元々、トランプで勝負する際、

お互いのカードを伏せて、相手に迫る事からきているといわれています。

そこから、 face down で対決という意味が生まれたという語源があります。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より