face the music の意味と由来


 直訳すると「音楽に直面する」となる「face the music」

 諸説ありますが、これは元々、舞台の上で俳優がセリフを間違えたり、下手な演技をすると、

 観客席からのブーイングや、演奏しているオーケストラから楽器を使った非難を受けたことから、

 「報いを受ける」という意味で使われています。

 悪い結果に対して使われますが、

 「自分の失敗を潔く受け入れる」という前向きな意味を含むことも多いです。

 It’s time to face the music. 結果を受け入れなさい。

 Now we have to face the music. 困難に立ち向かう時です。

 他にも、規律違反をした兵士が、太鼓の音が鳴り響く中、

 罪状を読み上げられたという説もあります。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。