come toのtoの有り無し


comeは通常自動詞なので、

~の場所(名詞)に来る、と言いたいときは

toを付けてcome to the partyやcame to school となる、

一方、come homeやcome hereなどのhomeやhereは、ややこしいですが、

名詞ではなく副詞として使われているのでtoは無くてもいいのです。

 

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。