toとforの違い


英語を勉強していて、あれ?この場合の前置詞って、

toだっけ?それともfor?

ってよくありますのよね。

この場合、わかりやすく、GOとLEFTで説明されることが多いです。

GOはto Tokyoで東京に向かったと、最終的にどこに到着するか、到達点、つまり結果を表すのにたいして、

LEFTの場合はleft for Tokyoで東京に向かって出発したということで、結局東京で降りたかどうかはわからない意味をふくみます。

結構わかりやすいですが、

ここで誰もが頭に浮かぶことだろうと思いますが、

ほかにもSENTやBUYとかいろいろ迷う単語ありますよね、

その場合はtoとforどっちなの?

 

ネイティブの人はイメージで使い分けているみたいです。

そのイメージとは対象がすぐにいなければいけないかどうかというイメージ。

例えば、BUY

誰かに買うという時は、買ってあげる人がそばにいなくても買えますよね、なのでfor。

SENTは送る人がいないと送れないですよね(郵便で送れば?という話はなしで)、ということでto。

ざっくりいうとこんな感じです。

無料メルマガ『10秒で読める英語の勉強』より


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。